古河提灯竿もみまつり 其の一

古河市内の各団体が20メートル近い竹竿の先につけた提灯を激しく揉み合いながら、相手の提灯の火を消し合う祭りで「関東の奇祭」と言われていて、今年で節目の150回目を迎えます。(古河市観光協会サイトより)

いや~祭りを見て熱く燃えたのはいつ以来だろう・・・
頭上からは、壊れた提灯の破片と溶けたロウが降ってきます!これがまた、臨場感があってたまりませんでした。
12月4日(土)








LINEで送る

「古河提灯竿もみまつり 其の一」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    お疲れ様でした~
    頭上からは、壊れた提灯の破片と溶けたロウ・・・凄い!!
    提灯も味がありますね~^^。

    1. tonoさま
      情報ありがとうございました、最高でした!
      くせになりそうです~^^

コメントは停止中です。