古河提灯竿もみまつり 「揉み合い編」

火の粉やロウが降る中、激しく揉み合う様は正にオトコの祭り(女性もいましたが)
祭りの舞台と観客との間は、竿が倒れないよう木で囲ってあるだけ・・・
竿の先についている提灯は囲いを飛び出して観客の頭上でも揉み合います!















LINEで送る

「古河提灯竿もみまつり 「揉み合い編」」への4件のフィードバック

  1. いやぁ~~~臨場感が凄い!!
    超広角ズームと標準ズーム・・・ベストですね。
    ISO3200・・・荒れませんね!!
    tonoは標準24-70mm(×1.3倍31-90mm)と望遠ズーム
    の予定でした。
    ストロボ(後幕)でスローシャッターも考えました(汗。
    あと脚立と出来れば三脚ですが・・・無理そう(爆。
    1,3,5,7、11、13枚目・・・素晴らしいです!!
    熱くなる気持ちが伝わりましたよ!!

    1. tonoさま
      こんばんは、ありがとうございます~^^
      今年、いちばん熱く燃えた夜だったかもしれません(笑)
      一脚を持って行こうか迷いましたが、駐車場も遠かったので諦めました。脚立を使っている人はいましたよ!
      手ブレもしてますが、手持ちでこれだけ撮れるのも、今の技術のおかげですね。
      高感度耐性も思っていた以上でした。
      でも、tonoのニッパチズーム・・・LレンズのIS付きを使いたかった(笑)
      ありがとうございます。

  2. この祭りは12月の風物詩って触れ込みで…毎年新聞等で報道されますので
    以前から知ってはいたのですが…些か遠いしパンフレットで見ても今一だし…なんて思っていたのですが
    soresiaさんの臨場感溢れるライブ写真で、イメージが変わりました…有難う御座います。
    *噂の新機種:発売早々入手されたみたいですね…小生も視野には入れておりましたし…写真誌等の評価も一通りチェック済みですけど…店頭で実機を手にしたら ??の部分があったりして…もう少し様子をみようか…といったところです。
    soresiaさんの、実際に使ってみた感想等を御教示願えれば幸甚です。

    1. ワンちゃんさま
      そうですよね~私もtonoに教えて頂き、観光協会のサイトや他のサイトやブログなども見たのですが、どういう祭りなのかイメージが掴めませんでした。会場周辺に着き、遠目で見ていてもピンと来ない・・・ところが、間近で見たら迫力もすごいし熱気も伝わってきて気が付いたら興奮状態でした(笑)。
      神輿を担いで練り歩いたり、山車の上で人形劇を見せられるのもいいですが、私は荒々しく激しい祭りの方が好きですね~ただ、仰る通り古河は遠かったです(泣)
      ありがとうございます。

コメントは停止中です。